事業概要(目次)


ご挨拶

公益財団法人中国労働衛生協会 理事長 宮田 明

理事長ご挨拶

 このたびは当協会のホームページにアクセスいただきありがとうございます。平素は当協会の事業運営におきまして格別のご高配にあずかり、厚く御礼申し上げます。
当協会は昭和23年、財団法人広島労働基準検診所(その後「広島県集団検診協会」に改称)の東部支部(尾道市)として発足、職域における健康診断を行う機関としてスタートしました。その後昭和53年3月、労働大臣の許可を受け、財団法人中国労働衛生協会として独立した健康診断機関となり、さらに平成23年3月、公益財団法人として内閣府より認定を受け現在に至っております。
 現在、広島県福山市に本部を置き、福山市、尾道市、鳥取市、米子市、津山市に検診所を配置、常勤役職員200名余で、年間34.9万人(平成27年度実績)に対し健康診断を実施しております。当協会の業務は健康診断事業に加えて保健指導・健康教育事業、社会貢献事業、作業環境測定事業を四本柱としており、この地域の中核的な総合労働衛生機関として、職域、地域の人々から高い信頼を頂いております。
 当協会は設立以来、労働安全衛生法ほか関係法令を遵守し、精度の高い信頼できる事業を提供するべく努力してまいりました。総合的健診機能の充実に努め、各検診所は全国労働衛生連合会労働衛生サービス機能評価委員会が行う「労働衛生サービス機能評価」において優良機関としての評価を得ております。また個人情報を適切に取り扱う体制も整備し、平成21年9月にはプライバシーマークを付与され、平成27年9月に3度目の更新を行っています。
 我が国は超少子高齢化社会に突入し、高齢化の進展により医療・介護を中心に社会保障費は今後も右肩上がりに増え続けることが危惧され、国家財政上の大きな課題となっています。現在、医療費抑制のための抜本的な社会保障制度改革が行われようとしております。医療費抑制のためには、生活習慣の改善対策や各種健診などの生涯保健事業による疾病の早期発見、早期治療、そして国民の健康増進による疾病予防の推進も必要です。今後、平均寿命の延伸に伴う健康寿命との差の拡大も懸念されていますが、疾病予防と健康増進、介護予防などによるその短縮も個人の生活の質の低下を防ぐとともに、社会保障負担の軽減に寄与すると考えられます。そういう社会情勢の中、地域・職域における総合労働衛生機関の社会的使命はさらに大きくなってゆくものと予想されます。
 当協会では、職員一同上記使命を自覚し、皆様に満足いただける健診を提供できるよう、また今後重要性を増すメンタルヘルス対策にも対応できるよう体制を整備し、諸事業を通じ社会貢献ができるよう努力してゆきたいと思っています。今後ともご支援・ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

平成29年1月6日


理念・基本方針

理  念
私たちは職域、地域において、
    働く人とその家族の健康の保持・増進に貢献します。

基本方針

  • 1 良質で的確な健康診断、産業保健活動、作業環境測定を行います。
  • 2 住民の健康増進のための啓発活動を積極的に行います。
  • 3 労働安全衛生法等各種法令を遵守し、公正かつ透明な事業活動に徹します。
  • 4 常に最新の知識、技術を習得し、質の高いサービスの提供に努めます。
  • 5 個人情報の保護を徹底し、受診者等のプライバシーを守ります。
  • 6 職員が安全で心豊かに働くことのできる職場環境を実現し、時代に即応した人材育成に努めます。

    制定日:平成20 年1 月1 日
    最終改定日:平成27年11月1日
    公益財団法人 中国労働衛生協会
    理事長 宮田 明


沿革

沿革


組織図

組織図
  • 更新日 平成28年4月1日
  • クリックするとズーム表示します。


検診所別職種別職員数

検診所別職種別職員数
  • クリックするとズーム表示します。


検診車の種類別保有台数

検診車の種類台 数
胸部エックス線車9台
心電図車9台
胃部エックス線車11台
腹部エコー車1台
ヘリカルCT車1台
マンモグラフィ車2台
婦人科車1台
特殊聴力車2台
THP車1台
合計37台

※平成29年4月1日現在(5検診所合計)


倫理規範

  • 公益財団法人中国労働衛生協会(以下「協会」という。)は、その設立の趣意に基づき、働く人々とその家族の健康の保持・増進を図るため、一貫した事業活動を続けてきた。
  • 近時、新しい公益法人制度が設けられ、真に公益事業を行う公益法人であることを強く求められることとなった。
  • 協会は、役職員が遵守すべき行動の規範を次のとおり定め、これを忠実に遵守することにより公正かつ適正な事業活動を行い、協会に与えられた使命を達成する。
    • 協会は、働く人々とその家族の健康の保持・増進に貢献すべき重大な責務を負っていることを認識し、社会からの期待に相応しい事業運営にあたらなければならない。
    • 協会は、常に品位を保ち公正かつ誠実に事業運営にあたり、社会的信用の維持・向上に努めなければならない。
    • 協会は、業務に関係する全ての法令、定款、規程等を遵守し、公正かつ適正な事業運営をしなければならない。
    • 協会の役職員は、公益活動に従事していることを十分に自覚し、その職務や地位を私的な利益の追求に利用してはならない。
    • 協会は、事業活動の透明性を高めるため、その活動状況、運営内容及び財務に関する資料を開示し、社会の理解、信頼を得るよう努めなければならない。
    • 協会は、業務上知り得た個人情報の保護に万全を期さなければならない。

      制定日:平成20 年1 月1 日
      最終改定日:平成27 年6 月19 日
      公益財団法人 中国労働衛生協会
      理事長 宮田 明


健康宣言

当協会は、職員が心身ともに健康で働き続けることができる職場を目指し、以下を宣言します。

  • 1.経営者自身が率先し、健康づくりに取り組みます
  • 2.健康づくり担当者を設置します
  • 3.当協会の健康課題を把握し、改善に努めます
  • 4.労働基準法、労働安全衛生法などの法令を遵守します
  • 5.健康づくりに向けて運動機会の増進に取り組みます



理事・監事名簿

役職常勤・非常勤名前名前(よみがな)
理事長常勤宮田 明みやた あきら
専務理事常勤西川 亨にしかわ とおる
常務理事常勤小出 靖こいで やすし
理事常勤森近 俊彦もりちか としひこ
理事非常勤平野 敬二ひらの けいじ
理事非常勤天野 肇あまの はじめ
理事非常勤小川 智弘おがわ ともひろ
理事非常勤菅田 章代すがた あきよ
監事非常勤小林 明弘こばやし あきひろ
監事非常勤山路 晋也やまじ しんや


評議員名簿

役職常勤・非常勤名前名前(よみがな)
評議員非常勤本田 祐二ほんだ ゆうじ
評議員非常勤澁谷 誠しぶや まこと
評議員非常勤村上 寿一むらかみ としかず
評議員非常勤高橋 正美たかはし まさみ
評議員非常勤西山 公二にしやま こうじ
評議員非常勤村上 祥子むらかみ よしこ
評議員非常勤三好 新一郎みよし しんいちろう
評議員非常勤山根 淳史やまね じゅんじ
評議員非常勤林 浩志はやし ひろし


特例民法法人の該当性

平成23 年4 月1 日

公益財団法人 中国労働衛生協会

「国と特に密接な関係がある」公益法人への該当性について(公表)

 当法人は、平成20 年12 月31 日に施行された改正国家公務員法等の規定に関し、国家公務員であった者が法人の役員として再就職する場合に事前に政府に届出を行うことが必要な「国と特に密接な関係がある法人」に該当しませんので、その旨公表致します。

本件連絡先 総務課 電話 084-941-8211 FAX 084-941-7577


事業報告・事業計画・収支予算書・決算書